2019年1月撮影

D7100では装着できたNIKKOR-S Auto 5cm F/2。
D600だと若干絞り連動レバーに干渉していたので調整して試写してみた。

Fマウント最初期の50mm標準レンズで、性能的にも高くないらしく、所有しているのは後玉に拭きキズが見られる状態の良くないNIKKOR-S Auto 5cm F/2

絞り値は1段絞ったF2.8。


広告

試写なのであえての逆光で夕日に付近にはゴースト(?)、ファインダーで見ても右下に明らかな赤フレアも見られる。

嫌がらせのような厳しい条件だけど全体の雰囲気としては悪くないかなぁ。駄目な子ほど可愛いと感じる感覚なのか?

これはこれで面白さを感じてしまうのがオールドレンズ遊びを止められなくなる原因。

APS-Cフォーマットで使っていたらこの位置の夕日はファインダー内に入って来ないのでコントロールが難しいけど、フルサイズだとハッキリわかる。

周辺光量減もフルサイズになったからこそ分かる面白さで、トリミングしてしまうと周辺光量減によって生まれる雰囲気が切り取られてしまうのがもったいないなぁと思ってしまう。

PhotoshopやLightroomで画像加工するのもなんか味気ないと感じちゃうんだよね。

NIKKOR-S Auto 5cm F/2 
メーカー:ニコン
発売:1959年6月
レンズ構成:5群7枚
対応センサーサイズ:フルサイズ
焦点距離:50mm
最短撮影距離:0.6m
絞り(F値):2~16
絞り羽根枚数:6枚
オートフォーカス:なし
手ぶれ補正:なし
フィルターサイズ:52mm
質量:約185g
— 私感 —
ニコンFマウント最初の標準レンズでニコンFと同時に発売。
レンズの性能もあまり良くはないですが、Fマウントの始祖を所持したいと欲求にまけました。


広告

コメント

オールドニッコールのためにフルサイズ機、イイですんね!
私は、リバーサルの方に足を突っ込んでしまって、もがき苦しんでいます(汗

コメントありがとうございます。
フィルムのF3がありますが、ランニングコストを考えると枚数が撮れないので踏み込みましたw

リバーサルフィルムも一度は試したいですが、値段を知っているので怖くて行けません^^;

Kaz にコメントする コメントをキャンセル