2019年1月撮影

子どもの行事などの記録用として標準ズームと望遠ズームはやっぱり必要なのでD7100からD600に変更した際にAF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRを購入しました。

それまでD7100で使っていたTAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR DiⅡでも感じていたのが「楽にそれなりの写真が撮れすぎてつまらない」という事。


広告

AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRもTAMRON SP AF 17-50mm F2.8 XR DiⅡもコストパフォーマンスに優れ、同カテゴリのレンズと比べて軽量・小型な方なので決して悪いレンズという訳では無いです。

確実に記録する必要がある子ども行事などでは失敗が少なく安心して撮影できる事は重要事項です。

でも、趣味で撮る写真となると真逆で、失敗してその原因と対策を考えてもう一枚撮ることが楽しい。

子どもと正面向いて本気で遊びながら、カメラに付けたレンズの画角をイメージしながら右手だけのノーファインダーで撮影して、子どもとの大切な一瞬を撮れないかな〜とチャレンジして、後から一喜一憂するのが楽しい。

隣でTVを見る子どもの横顔を、絞り開放のマニュアルフォーカスで挑戦し、ちょっとピントが外れて「もう一回」とチャレンジするのが楽しい。

そう考えると「綺麗な写真を撮りたい」と思っていない自分に改めて気付く。

AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
メーカー:ニコン
発売:2012年6月
レンズ構成:11群16枚(EDレンズ1枚、非球面レンズ3枚)
対応センサーサイズ:フルサイズ
焦点距離:24~85mm
最短撮影距離:0.38m
絞り(F値):3.5~22(24mm) / 4.5~29(85mm)
絞り羽根枚数:7枚(円形絞り)
オートフォーカス:あり
手ぶれ補正:4段分
フィルターサイズ:72mm
質量:約465g
— 私感 —
D600と合わせて購入したFXフォーマット用の標準ズーム。
趣味で撮影するだけなら単焦点レンズの使い分けでも良いですが、家族行事など日常使いには失敗の少ない軽くて負担の少ない標準ズームはやはり必要なので購入。


広告

コメントを残す