2019年1月撮影

適当な場所にニコンF3を置いて撮影してあげると雰囲気が生まれる。

カメラそのものだけの物撮りも楽しいかもしれないけど、身近の生活の中にカメラを置いて撮るのが楽しい。

ニコンF3を手に入れる前はニコンFGが身近にあったけど、撮るわけでは無くても、職場のディスクの片隅には必ずニコンF3を置いて仕事をしている。

撮影に使わなくても身近にあるだけで楽しいんだ。

不思議とデジタルカメラではテンションが上がらない。


広告

社員旅行で美味しい鰻の店に行きました。

D600に4段分の手ブレ補正があるAF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRだと席に座ったままフレーミングの調整もでき、ISO6400で1/60のシャッタースピードでも簡単に撮れるはらくだなぁ。

AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
メーカー:ニコン
発売:2012年6月
レンズ構成:11群16枚(EDレンズ1枚、非球面レンズ3枚)
対応センサーサイズ:フルサイズ
焦点距離:24~85mm
最短撮影距離:0.38m
絞り(F値):3.5~22(24mm) / 4.5~29(85mm)
絞り羽根枚数:7枚(円形絞り)
オートフォーカス:あり
手ぶれ補正:4段分
フィルターサイズ:72mm
質量:約465g
— 私感 —
D600と合わせて購入したFXフォーマット用の標準ズーム。
趣味で撮影するだけなら単焦点レンズの使い分けでも良いですが、家族行事など日常使いには失敗の少ない軽くて負担の少ない標準ズームはやはり必要なので購入。


広告

コメントを残す