熊本城 – 2018年4月撮影

フジフィルムのネオパン100ACROSで熊本城側から通町筋方向を撮ってみた。


広告

FUJIFILMのモノクロフィルム終了のニュースを受けて早朝の熊本城を散歩した時の一枚。通町筋もやはり早朝は車通りが少ない。

モノクロ写真時代用に作られたはずのNikkor-S Auto 50mm F/1.4で撮影してみたけど、今でも十分なほどに細部までしっかり写ってる。

右に写る熊本信用金庫ビルの「がんばろう!熊本」が見える。

特に狙った構図というわけではなく、信号待ちのちょっとした空き時間でシャッターをきったので、撮影した時には「がんばろう!熊本」は気づかなかった。

出来上がった写真を見てから気付く面白さってあるよね。
変なものが写っていてへこむ事も多いけど。

Nikkor-S Auto 50mm F/1.4
メーカー:ニコン
発売:1962年3月
レンズ構成:5群7枚
対応センサーサイズ:フルサイズ
焦点距離:50m
最短撮影距離:0.6m
絞り(F値):1.4~16
絞り羽根枚数:6枚
オートフォーカス:なし
手ぶれ補正:なし
フィルターサイズ:52mm
質量:約325g
— 私感 —
ニコンFマウント最初の50mm/F1.4レンズ。
オールドレンズらしいF値による写りの変化が楽しめるレンズで、自分でAI改造しました。


広告

コメントを残す