2018年12月撮影

D600を購入した目的、オールドニッコールの試写。

まずは基本のNikkor-S Auto 50mm F/1.4で自転車練習をする娘を見守りながら撮影。


広告

やはり撮影直後に確認できるのはデジタルの魅力。気になったらすぐに調整して何枚もチャレンジ出来るので試行錯誤しやすいな。

フィルムだと現像されるまでの楽しみもあるけど、デジタルと両方を楽しむのが一番いい。

APS-CのD7100では周辺光量落ちも全く無かったけど、フルサイズになるとしっかりと出てきてオールドらしい雰囲気が出てくる。

Nikkor-S Auto 50mm F/1.4は半世紀以上前のレンズだから絞り開放のF1.4だとちょっとキツいかなと思えるけど1段絞ったF2にすると十分いい感じに思える。

この辺のF値の余裕が、明るい大口径の魅力だよね。なんでも絞り開放でばかり撮る必要はない。

Nikkor-S Auto 50mm F/1.4
メーカー:ニコン
発売:1962年3月
レンズ構成:5群7枚
対応センサーサイズ:フルサイズ
焦点距離:50m
最短撮影距離:0.6m
絞り(F値):1.4~16
絞り羽根枚数:6枚
オートフォーカス:なし
手ぶれ補正:なし
フィルターサイズ:52mm
質量:約325g
— 私感 —
ニコンFマウント最初の50mm/F1.4レンズ。
オールドレンズらしいF値による写りの変化が楽しめるレンズで、自分でAI改造しました。


広告

コメント

いつも楽しみに拝見しております。
教えて頂きたいのですが、
私もd610もちで、オールドニッコールのNikkor-S Auto 50mm F/1.4は非Aiだと思いますが、非Aiでもd610での撮影は可能でしょうか?
ご教示頂ければと思います。よろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
Nikkor-S Auto 50mm F/1.4はご存知の通りAiレンズでは無いので、D600/D610では露出計連動レバーが干渉して装着出来ません。
ニコンによるAi化改造された個体もあるとは思いますが、自分のNikkor-S Auto 50mm F/1.4はヤスリを使って自分で削る自己Ai改造したものです。

コメントを残す