2018年12月撮影

オールドニッコールを本来の画角で撮影するために、愛用していたD7100を手放してD600を購入したんですが・・・まだ、まともに撮影する時間がとれていません。

平日は仕事、週末は天気が悪いのでとりあえず触ろうとお昼休みにちょっとだけ試写しました。


広告

車内からNikkor-S Auto 50mm F/1.4でチマチマ試してみたのですが、APS-Cでは見えなかった周辺部が面白いですね。絞り開放時の周辺光量減がハッキリと分かる。

右端の光はレンズコーティングの傷かな?それとも何かの強い光源かな?

Exif情報を見るとF1.4、ISO 100、SS 1/4000 とD600の常用限界らしい。

ISOは50まで減感出来るらしいけど、F1.4/F1.2クラスのレンズを絞り開放で晴天日中に使うことはあまり無いし、D7100でAI Nikkor 50mm F1.8Sを使っていた時に一度だけF1.2でシャッタースピード不足を経験したけど、それは極端な例と考えよう。
D7100ではISO 50 は設定出来なかったので事実上の差は無いし。

使いたい時はNDフィルターを使おう。
オールドニッコールはほぼ52mm共通だから便利だ。

Nikkor-S Auto 50mm F/1.4
メーカー:ニコン
発売:1962年3月
レンズ構成:5群7枚
対応センサーサイズ:フルサイズ
焦点距離:50m
最短撮影距離:0.6m
絞り(F値):1.4~16
絞り羽根枚数:6枚
オートフォーカス:なし
手ぶれ補正:なし
フィルターサイズ:52mm
質量:約325g
— 私感 —
ニコンFマウント最初の50mm/F1.4レンズ。
オールドレンズらしいF値による写りの変化が楽しめるレンズで、自分でAI改造しました。


広告

コメントを残す